098786

*--ひとこと日記--*

**過去の日記**

ダイエット  2006/11/04
やっとシャンプー  2006/11/02
秋茄子  2006/11/01
寝てばっか  2006/10/29
あほちゃうか  2006/10/25
グレートデーンの子犬ちゃん  2006/10/24
ドッグパークのワイマラナー  2006/10/23
わんこのゼリー  2006/10/23
行ってみた  2006/10/19
一時預かり  2006/10/18


ダイエット
うちの3頭の内、アトリは丁度良いけどハイジとスピリは太めである。
お客様からオヤツやパンのヘタとかを貰う様になって、どんどこ太ってしまった。
お店をはじめる前はスピリはとても良い子で、オヤツをねだったりしない子だった。
いくら「やらないでください」と言っても、あげてしまう人が居る。
そりゃ仕方がない、うちの3頭がベターーッとお客様の側にくっついて、キャバズなんてウルウルの目でじぃぃぃぃっと見るからお客様もついついあげたくなってしまうのである。

スピリは特に巧妙で、私に見つかると叱られて追い払われるからテーブルの下に陣取って足の間に入り込み、真下からウルウル光線を発射するのである。
そうして見事なブタキャバの出来上がりなのである。

もうこれ以上太らせる訳にはいかない。
年明けには10歳になるし、心臓への負担も心配である。
フードを減らすとお腹が減って、ウルウル光線がグレードアップするだけである。
そこで、以前アトリのダイエットで成功した「寒天作戦」を遂行する事にした。

寒天はミネラル豊富で繊維質豊富なうえに、ノンカロリーなダイエットにはうってつけの食品なのである。これをたっぷり与えるとお腹持ちは良いし、お腹もいっぱいになる。

しかし、寒天は味がない。
そこでっ!「乾燥きびなご」と「キャベツ」を煮たのを混ぜてやる事にした。

タッパーにいっぱい作っておいて、ごはんの時に与える。
現在のダイエット食は、カンガルー・鹿・ラムの生肉にフード、そして前出の寒天。

これで1ヶ月も続けるとダイエット成功!!・・・の予定。
Date: 2006/11/04


やっとシャンプー
昨晩、仕事関係の書類を作ったり色々していたので、寝たのはすでに朝方だった。
で、今朝は8時に目覚ましが鳴ったので3頭にご飯をあげて、また寝た。
それで起きたらなんと4時半だった。すでに夕方。(^_^;)

仕事を片付けるために店にちょっと行って、帰ってから3頭の散歩。
それからぐ〜たらしてたら、すっかり夜。
今日は絶対に3頭をシャンプーしなくてはならない。
シャンプーが切れていたので、買って置いてからずいぶん経った。
もう臭さは限界である。毛はいつも帰宅すると綺麗に拭いているので、そんなに汚れた感じはしない。
でも匂いはすっごい。くっさいのである。

ドッグカフェの看板犬だし、お客様に撫でてもらってその手が臭くなったりしたら大変である。
「あの店の看板犬は臭いよ」なんて噂が立ったら困る。
看板犬じゃなかったら、臭くても良いのか。
いやそーいう訳じゃないけど、たぶん看板犬じゃなかったら私が臭いだけなので、今日もサボってたかも。(・_*)\ペチ

何はともあれ、やっとシャンプーしたので(それも3頭とも3度洗いした)すっごく良い香りになりました。
Date: 2006/11/02


秋茄子
もう11月ですねぇ。
なのに日中は歩くとまだ暑い。

以前、7/26日の日記で、ハイジに茄子を食べられた話しがあるが、なんと今日は茄子の実ではなく、葉っぱを食べられた。

ハイジが「オエオエ」と吐いたので見てみたら、なんと茄子の葉っぱと花がそのまま出てきた。
「えええーーっ」と、慌ててベランダに出て見たら、茄子の葉っぱが食い尽くされていた。
しかし、そのままの葉が出てきていた。
ちょっとは噛めよ。(-"-;)

こんなに丸裸になってしまっては、実も育たないだろなぁ。
ホンマになんでも食べる犬やで。
アホもここまで来ると、叱る気にもなりゃせんわい。
Date: 2006/11/01


寝てばっか
ウチの3ワンは家に帰るとすぐにご飯。
で、その後は出す物出したらずっと寝てる。
アトリは1月で11歳になる。
小さい頃は私が帰宅すると、ドアを開けたら尻尾ぶんぶんで喜んでお出迎えしてくれていた。

それが段々と、チラッと目だけこっちを向いて「あぁ帰ったんかいな」とでも言っているかのような顔で寝たままで、お出迎えなんて無くなった。

そして今や、帰宅してバンバン音を立てようがソファの上で寝たまんまで起きもしない。
爆睡続行中なのである。

で、私は「死んでるのかも。。。」と思うのである。

起こして本当に死んでたら嫌なので、いつ起こそうかと思いながらカーテンを開けたり、お湯を沸かしたりテレビを点けたりする。
そして、犬達にご飯をあげる時になってやっと身体を揺すってみる。
そうするとアホ面で、「あん?何?」と言う顔を上げる。
「ご飯やでぇ」と言うと急にシャキッとしてご飯テーブルの前に走っていくのである。

留守番をさせると、いつもこんな調子でハラハラするのである。
そのうちホントにマヌケ面で起きてこなくなる日がやってくるのだろう。
でもその日は、留守番の日じゃ無い事をお願いします。
私が居ない間になんて、やめてね。
Date: 2006/10/29


あほちゃうか
ドッグパークの譲渡会の事で、色々と不平不満を読み聞きする。
不平不満を言ってる人たち、あんたらあほちゃうか!

どんなに遠くから来ようと、何時間待とうと、そんな事は犬達にとっては何の関係も無い事。
犬に一番良いと思われる所へという思いだけで審査されたのである。

誰々はこの条件で譲渡されたのに自分は同じなのにダメだった。
ってアンタ、その条件では同じかも知れないけど何かが違ったんだろうと思う。
全ては「その犬にとって何処が良いか」じゃないですか?

対応が悪いとか手際が悪いとか、いったい誰に文句言ってるんだ。
糞尿まみれで、疥癬だらけの犬達を誰が譲渡出来るまでにしてくれたと思ってるん?
商業施設じゃないんだ。
みんなみんなボランティア。
無償報酬で汗だくで頑張って居る人にどうして文句なんか言えるんだろう。何故「ありがとう」とか「ご苦労様です」って感謝出来ないんだろう。

こんなヤツばっかりじゃなくて、頭が下がる素晴らしい里親さんも居たと思うけど、早速もう数頭戻ってきた犬達が居る。
理由を聞いてびっくり!
「吠えてうるさい」とか???
あのねぇ、急に環境が変わったんだから仕方ないでしょ?
犬達は不安なの。
どうしてたった2日で戻してしまう訳?

でも戻してくれて良かった。
こんなヤツ等の所にずっと居るより戻って来てもっと良い人の所へ行った方が幸せだろう。
戻すのがかっこわるいとか気まずいとかで、仕方なしに飼われる事が一番恐いなぁ。
Date: 2006/10/25


グレートデーンの子犬ちゃん
お客様がデンの子犬を新しく迎えた。
男の子で名前は「だん」君。
もう可愛いっ!

まだ生後50日。
ぷにぷにと柔らかくて、ちっちゃいくせにどっしりとしている。
さすがはデンの赤ちゃんである。
足はすでにハイジの足と同じくらいの太さがある。

デンは育てるのにとても慎重にならなくてはいけない。
素人にはとても難しい犬種だと思う。
幸いにもブリーダーは、とても細かく指示してくれているようである。
このご家庭は、今まで大型犬を飼った経験もあり、なんと自宅で馬も飼っていたので、大きさに関しては何も問題は無い。

3〜4ヶ月齢頃にはハイジよりも大きくなるだろうと思います。
すっごい楽しみです。
Date: 2006/10/24


ドッグパークのワイマラナー
譲渡会の犬種リストにワイマラナーは無かった。
でもボランティアさんのブログにもAAの日誌ブログにも、どう見てもワイマラナーやんって犬の画像があった。

今日ボラさんのブログに記事があった。

やっぱりワイマラナーだった。
その子は頬にたぶんメラノーマらしき腫瘍があるらしい。
口膣内に出来るメラノーマは非常に悪性らしい。
進行も早く、たぶん転移もしているだろうし手遅れかも知れない。
ただ救いは、その子は愛知県の獣医師の元へ譲渡されたようである。
獣医師の元で、適切な処置をして貰えると思う。
もしかしたら残り少ない時間かも知れないけど、暖かな家庭で幸せに暮らせるようになって良かった。
寒がりのワイマが、新聞紙とシートだけのケージでこれからやってくる冬を過ごさなくて良かった。

その獣医師ご夫妻は、「大変な子を」と言ってくださったそうだ。もしもメラノーマだったとしたら顎切除の手術の場合もあるだろう。獣医さんでホントに良かった。

他にも、腫瘍がある子達をいろんな方が連れて帰ってくださった様だ。ホントに頭が下がる。医療費もさる事ながら、これからの闘病生活を考えると自分には到底出来そうにない。
沢山の大変な事情を分かった上で手元に引き取る方達。
すごい人たちだと思う。
Date: 2006/10/23


わんこのゼリー
昨日、お客様のアンディ君のママからウチの3頭にプレゼントを戴いた。
超カワイイ骨型のゼリー。
いつもはお肉類も混ぜるそうなんだけど、ウチの3ワンがダイエット中なのをご存知なので、今日のは野菜ゼリー。
色とりどりの野菜がとってもプリチー。
2本ずつ戴いたけど、ハイジはお店で一本先に食べました。
それで、今日3ワンにあげたので、ハイジに2本とアトスピは1本半ずつ。

お皿に入れて、まず写真を撮らないといけないので、その間待たすのに随分苦労しました。
ハイジの周りはもうヨダレだらけ。(^。^;)

「ヨシッ」の声で一斉に食べたと思った途端に無かった。
もうちょっと味わうという事を覚えなさい。まったく
Date: 2006/10/23


行ってみた
今日は定休日だったので、一時預かりの子を受け取りに行く時に道に迷うといけないと思い、取り敢えず事務所まで行ってみた。

ナビ子の指示通り走ってたら、測道に降りろと言うので降りたらそれはまだ一つ早い測道だった。
ほんで「ありゃーっ」と思って、そのまま信号を突っ切ってまた測道に入って上の道に戻ろうとしたら、ピピピーッと警官に止められてしまった。
「うげげっ!そのピピーッはワシに言うとんのかい?」
測道から測道へは行ったらいかんのやそうです。
ワシ知らんかった。トホホホ
切符切られて、2点減点ですわぁぁぁぁ。

夕方やし、どーせ高速は混んでるからと下道を走ったのがイカンかった。このド貧乏なワシから罰金取るなよぉぉぉ。
そのうえ、ナビ子はウソばっかり言うからえっらく迷って到着はなんと5時半になってしまった。
しかし、一度行っておいて良かった。
当日にこんなに迷っていては相手の方に迷惑を掛けるところだった。

遅くなったし、事務所だけ確認して帰ろうと思ったけど、せっかくオヤツのお土産も持って来ていたので、それだけ渡して一応ハイジを見てもらっておいて帰った。

事務所には広島から来たサラちゃんが居た。
みんな小さいとは聞いていたけど、ホントにびっくりするくらい小さい。画像で見ているだけでは想像出来ない小ささだった。
サラちゃんにお話ししたかったけど、外に繋いでおいたハイジが少しでも離れるとワンコラと大声で泣きわめくので事務所にも入れなかった。ハイジめっ!

しかし、無茶苦茶久しぶりに大阪の街を走って土地勘がすっかり無くなっていた。
事務所のあたりは以前に何度も走っていて、どっち方向に何線が走ってるとか、こっちに行けば何通りだとか判っていたのに、今日は全く自分が何処に居て、何処をどう走っていのかさえも判らなかった。
道には覚えがあるのに。
土地勘ってそんなに早く無くなってしまうものかなぁ。
それともやっぱりトシかなぁぁ。(T.T)

それにしてもナビ子めっ!精度が悪すぎる。
こりゃDVDを買い換えなきゃイカンなぁ。
そろそろ8年か9年経つモンなぁ。道も変わってるしぃぃ。
Date: 2006/10/19


一時預かり
里親募集の犬の一時預かり。
保護されたけど、里親が見つかっていない子を見つかるまでの間一時的に預かる事を言う。
保護団体には次々と保護犬達が来るけど、その全てを里親が見つかるまで団体だけで世話するのは大変な事である。
必然、一時預かりというシステムが登場する訳である。
その一時預かりに私は登録している。

ただ世話すれば良いってなモンではなくて、里親さんが決まった時に、そこでより可愛がって戴く為にもより良い子であるに超した事はない。
その為にも最低限の訓練はしておかなくてはならない。
元が家庭犬で、トイレトレーニングが出来ていれば良いけど、そこから始めなくてはならないかも知れない。
となると糞尿と格闘の日々がやってくる。

でもそんなこんなは別にどって事ない。
私が一番心配なのは、私自身である。
里親さんが決まったらその子とはお別れしなくてはならない。
その時の自分がいちばん心配なのである。

以前、友人が入院した時に2週間くらい預かった事がある。
友人が退院して家に届けて帰る時、その子は後追いしてピーピー鳴いた。
その手を振り払い、鳴き声を振り切って家を出て、帰り道の運転中泣けて泣けて仕方がなかった。

一時預かりとなると2週間ぽっちでは無いだろう。
里親さんの手に渡し、お別れのその時の自分が非常に恐い。
Date: 2006/10/18


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**

**過去の日記**
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.08